Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
観光土産業界の年次報告書、2017年版「2016年度土産業界白書」好評発売中!
観光土産業界の年次報告書
2017年版「2016年度土産業界白書」好評発売中!


本書の特徴は、
2016年の「全国土産業界動向」を徹底分析しているのに加え、本書独自の試算による画期的な試み、2015年の「土産業界市場規模(推定)」並びに「土産商品別売上シェア」を公表していることです!

 
 観光立国を目指す日本にとって、土産品並びに土産業界は今後ますます重要な位置を占めるだろう。土産品市場を拡大させることは、すなわち観光業界全体の市場規模を拡大させることにつながるからです。
  「観光物産業界のパイオニアとして43年、土産業界のオーソリティ」として土産業界を牽引してきた観光物産総合研究所(旧全国観光と物産新聞社)・稲田俊明代表は、2010年に土産業界初の「2009年度土産業界白書」(2010年版)を発行、以降毎年発行して8年目となります「2017年版」を2018年5月31日に発行しました。


  観光土産市場はかつて「3兆円」と試算されてきましたが、各都道府県の土産市場規模(消費額)については未知でした。なにしろ観光客数及びその関連数値そのものが各県独自に試算したもの(統一基準がなく、いわば各県がばらばらに試算したもの)が公表されてきました。ましてや土産消費額については調査をしていない県が多くありました。しかし、観光物産総合研究所の調査・試算により各都道府県の土産市場規模(消費額)と観光土産全体の市場規模(消費額)が「2013年版(2011年数値)」で初めて裏付けられました。


 2017年版から見える特徴は、観光土産市場が2011年3月に発生した東日本大震災の影響から完全に回復し、訪日外国人の増加に伴い市場規模が大幅に増加傾向にあるということです。すなわち、大震災の影響が残る2011年の市場規模が約3兆6400億円だったのに対し、12年は約3兆6900億円(前年比1.4%増)、13年は約3兆9300億円(前年比6.5%増)、14年は約3兆8700億円(前年比▲1.5%)と若干落ち込んだものの、15年になると訪日外国人の増加による観光消費額のさらなる増加、中でも中国人観光客による「爆買い」といわれる消費行動などで約4兆9000億円(前年比26.6%)と大幅に増加し初めて4兆円を突破、16年は約5兆100億円(前年比2.2%増)とついに5兆円を突破した。 今後とも訪日外国人観光客の増加が見込まれることから、土産市場のさらなる規模拡大が予測されます。

  各都道府県の土産市場規模が明らかになったのは、観光庁が導入した全国共通基準による「都道府県別の実観光入込客数・観光消費額(平成23年)」の公表によって、当総研・稲田代表の独自の試算による各都道府県別の土産市場規模(消費額)の推定が可能になったからです。本書では、2015年の「各都道府県別土産市場規模ランキング」に加え、「土産商品別売上シェア」を公開していますので、土産業者&旅行・観光関連施策に携わる自治体職員や企業社員の皆様は今後の観光&土産業に対する企画・振興にお役立て下さい。
 
(本書の内容)
■本文            

第1章 2016年 全国土産業界の動向

第2章 2015年(平成27年) 全国都道府県の観光消費額、土産消費額&土産商品別売上シェア
第3章 特別企画<1> 「全国観光物産見本市2017」の概況
第4章 特別企画<2> 「全国団体・地方自治体主催 特産(土産)品コンクール」の概況&受賞者(受賞商品)
第5章 特別企画<3> 「土産業界に役立つ資料・ランキングー観光編、ご当地名物・銘菓編、訪日外国人観光客編ー」

第6章 特別企画<4> 「観光物産総研が注目した2016年のトピックス情報」
第7章 2016年(度) 観光・土産業界市場動向
第8章 各地の観光・土産の話題―観光編―

第9章 各地の観光・土産の話題―土産編―
第10章 資料編「2016年土産・観光関連資料」

―土産編―

(1)「第57回(平成28年度)全国推奨観光土産品」上位入賞品一覧(全国観光土産品連盟)

(2)ミシュランガイドの「東京2017」、「関西2017」(ミシュランタイヤ)

(3)2016年に注目された食品・菓子ランキング

(4)2015〜16年のふるさと納税・礼品ランキング

(5)JR東日本おみやげグランプリ

(6)東京都心の「全国自治体アンテナショップ売れ筋ベスト5」―2017年秋季(2017年12月調査)―

―観光編―

(7)「地域ブランド調査2016」(ブランド総合研究所)

(8)「全国主要レジャー・集客施設「2016年度入場者数ランキング」(綜合ユニコム)

(9)平成29年版「観光白書(要旨)」(観光庁)

(10)2016年「訪日外国人観光客消費動向調査」(観光庁)

(11)「じゃらん宿泊旅行調査2017」(リクルート)


編集・発行人 観光物産総合研究所 稲田俊明 
発行日・体裁 2018年5月31日/A4版 262ページ 
定価 ¥15,000(税込み・送料込み)

 

 

(お申込み)

お申込はEメール又はFAX03−3311−9502にてお願いします。
●土産業界年次報告書 2017年版「2016年度 土産業界白書」を申込みます。(       冊)
◇お振込みは:三井住友銀行中野坂上支店/普通口座4194223/口座名 観光物産総合研究所


貴社名:                             
担当者名:
(〒        )住所:
TEL:                         
FAX:
Eメール:

 

 

・・・編集・発行 観光物産総合研究所(稲田俊明)・・・
〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223
Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp  ホームページは http://www.kankoubussan.jp
posted by: bussannews | 観光、旅行、土産 | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:38 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://kankoubussan.jugem.jp/trackback/631
トラックバック